Jingle Bells

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はベル君の定期検診の日。
4月4日の定期検診以来、2ヶ月ぶり^^
2ヶ月おきに腎臓と脾臓のチェックがあるのです。

腎臓は初期腎不全の経過をみること。
脾臓は脾臓の尾部にできている液だまりの大きさの経過をみること。
(液だまりというだけで、何かというのはわからないのです。)
なので、血液検査と尿検査と超音波検査をするのです。
あと、目のチェックも→良好でした^^

まずは血液検査。
2008.06.04 (1)
↑↑注目★足が長くみえるよ~↑↑
口輪をして、看護士さんに保定されて、おりこうさんにしています。
2008.06.04 (2)
血液検査に関しては、BUNが20。クレアチニンが1.2で、
2ヶ月前よりは上がっているけれど、まだ問題ない範囲でした。

尿検査は、尿比重がやはり低く1.017でした。
あと、今まで正常だったpHが9.0(正常は6~7)と極端に上がっていました。
たぶんペディグリーチャムのパウチが原因かな。
毎日あげるようにしていたからだと思います。
(2ヶ月前から変わったことといえばコレだけなんだよね)

それから超音波検査。
仰向けになって、お腹の毛を刈ります。
(勤め先の病院なので特別に私も一緒に入れてもらってます)
2008.06.04 (4)
ベル君はものすごくおりこうさんに超音波検査を受けれます。
たぶん、下に敷いてるクッションが気持ちいいのです(笑)
寝てるもん・・・

ちゃんと写真撮れなかったんだけど、こんな感じ。
ベル君の腎臓。
2008.06.04 (5)
今回の超音波検査では、脾臓の尾部に出来ていた液だまりが、
脾臓の頭部にも出来ていました。゚(゚´Д`゚)゜。
腎臓にも・・・。
↑の写真の右半分の黒い丸いのがそうです。
左半分のマンゴー型のが腎臓だそうです。(よくわかんないんだけど笑)

この液だまりが悪いものか何なのかは超音波検査では判断できません。
これが何かを特定するには、お腹を開けたりしないといけないのです。
こういう液だまりは老犬にはよく見られるものだそうで、
ほおっておいても大丈夫なものもあります。
定期的に超音波検査をして、大きさをみていって、
大きくなるようであれば、どうしていくかを考えていかないといけません。

数が増えたけれど、経過観察ってところです。
大きくならない限りは心配しなくて大丈夫そうです^^♪


というわけで、今すぐしなくちゃいけないのは、ごはんの改善。
そして尿のpHを下げること。
私はペディグリーチャムのパウチがベル君に合ってないんだと思うのね。
なので、パウチをやめることにしました。
カリカリだけだとごはん食べないので(涙)
パウチの次に好きなゴン太の半生を半分半分で混ぜることに。
(あまり変わらないのかも・・・笑)
これで様子みてまだpH高ければ、・・・考えます。
腎臓食を食べてくれるのが一番なんだけどな。食べないからな。


★今日の体重★
写真なしです~。
11.56Kgでしたヾ(○^з^○)/
痩せた、痩せた~♪♪
(超音波検査で朝、絶食だったからかな?)

ちなみに昨日は11.72でした。
::Yako Bell::
スポンサーサイト
2008.06.04 23:15 | Hospital | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。